らんまん

らんまん第35回ネタバレ|万太郎と田邊教授の縁の深さがヤバい展開に?

朝ドラ「らんまん」の【第35回】(5月19日 金曜日放送)は、万太郎と田邊教授の縁の深さを感じるストーリーでした。

万太郎、田邊教授、そして寿美子が、これから始まる「運命のいたずら」を感じさせ・・・

それでは、朝ドラらんまんの第35回のあらすじネタバレです。

\「U-NEXT」で朝ドラ「らんまん」の見逃し配信/

朝ドラ【らんまん】第35回のネタバレ(5月19日 金曜日放送)

らんまんの第35回は、東大に通い始めた万太郎は、先輩から乾燥室の植物の管理はどうした!と怒っている場面に出くわします。

万太郎は、それなら自分がやります!

と、植物を乾燥させたものを標本にしていく作業を率先してやります。

万太郎は、野田先生(田辺誠一)からやりかたを教えてもらってるからと言い、テキパキとこなします。

万太郎の作業が完璧すぎて、先輩たちはドン引きするほどです。

 

万太郎は、田邊教授(要潤)が英語で講義を行う姿を見て、自分も東大で学んでいることを実感します。

万太郎は、田邊教授の部屋に、お茶と白梅堂のまんじゅうを差し入れます。

田邊教授は、なにやら書類を作成しています。

万太郎は、何の仕事ですか?と尋ねると、

国のお金で留学したものは、帰国後は国のために尽くさなくてはならない。

だけど、万太郎のように西日本の植物を採取しに行きたいと本音を語ります。

田邊教授は、お国の仕事は専門外だし、面倒だと思っているようです。

万太郎は、自分も今、関東の植物を見てワクワクして感動していると、田邊教授の気持ち察します。

そんな田邊教授の部屋には、立派なピンクの牡丹が飾ってありました。

万太郎は、少しだけ貸してくださいといい、だっそくボタンの絵を書き始めます。

その腕前は素晴らしく、田邊教授は「いつも土佐の人に驚かされる」と言います。

「アメリカに留学するまえに、知り合った中浜万次郎先生だ」

という田邊教授。

ジョンマンさんですか・・・

万太郎は、人の一生は短いから後悔しないようにと、東京行きの背中を押してくれた人だと話します。

これを聞いた田邊教授は、

出会うべきして出会ったのかも知れない

と、改めて万太郎を受け入れるのでした。

 

万太郎と田邊教授の距離が一気に縮まる様子を見て、

なにやら気に食わない表情の徳永助教授(田中哲司)と、その手下の大窪(今野浩喜)・・・。

不穏な空気が漂います。

 

大学の帰り道、万太郎は「白梅堂」へ。

新しい一歩を踏み出した万太郎は、東大で楽しく過ごしている様子を語ります。

朝、講義が始まる前は田邊教授という人が、西洋の音楽を奏でると言うと、

寿美子は、おばのみえ(宮澤エマ)が話す田邊教授だと気づきます。

お国の仕事で、鹿鳴館を作りダンスを踊る華やかな世界・・・。

田邊教授っていい人なのですか?

と尋ねる寿美子。

もちろん素晴らしい人だと答える万太郎。

そうそう、これを渡しに来たんだ、と万太郎は自分が書いた牡丹の絵を寿美子に渡します。

寿美子が好きな花は牡丹だと言ったからです。

寿美子は、まるで目の前で咲いているようだと涙ぐみます。

牡丹を授けられたものは、見知らぬ旅に出る・・・

寿美子は、見たこともない世界に飛び込もうと決意します。

万太郎は、やってみたいことはやるべきだと背中を押すのでした。

【らんまん】第35回の感想と朝ドラ受け

万太郎と田邊教授の縁の深さがヤバい展開に?

らんまん第35回の朝ドラ受けは、

だって、田邊教授とダンスを踊るんでしょ?

取り合いになるんじゃない?

万太郎のスペックがすごすぎる!!

でした。

万太郎と田邊教授、うーん、まさに出会うべきして出会ったのか、深い因縁の相手になるのか・・・。

田邊教授は、いま奥にお国の仕事で「鹿鳴館」を作る計画を立てているんです。

そこでは、西洋の文化を取り入れて、舞踏会をしたり、華やかな社交界を開くというもの。

寿恵子は、ダンスを習って、鹿鳴館という「まだ見たこともない世界」で華やかに踊る女性になろうとしているんです。

寿恵子は美しい女性ですから、田邊教授、他の男性が放っておくはずがありません。

さて、万太郎と寿美子、そして田邊教授はこれからどうなっていくのか・・・

続きがきになりますね!

 

\「U-NEXT」で朝ドラ「らんまん」配信中/



 ※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

※31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かからないから安心

前回のあらすじ次回のあらすじ

ABOUT ME
NAK
ドラマが大好き! キャスト登場人物や、あらすじなどを詳しく書いていきます。