セクシー田中さん

セクシー田中さん最終回ネタバレと感想!もう一度見返したい良作!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「セクシー田中さん」の最終回が12月24日に放送されました。

クリスマスイブの「田中さん」は、どんなラスト結末になったのでしょうか?

それでは、ドラマ「セクシー田中さん」は面白かったのか、最終回のあらすじ・ネタバレと、感想を見ていきましょう。

「セクシー田中さん」前回までのあらすじ

前回までのあらすじと各話ネタバレ

第1話 第2話    第3話   第4話    第5話    第6話    第7話    第8回    第9回  

 

セクシー田中さん最終回の見どころ

1. 朱里と小西はハッピーエンド?

朱里と小西はハッピーエンド?

距離が近づいた朱里と小西。

しかし、朱里はメイクの仕事をしてみたいと思っているようです。

2. 田中さんのラスト結末は?

田中さんは笙野とハッピーエンドになるのか?

ここは一番の見どころですね♪

ハッピーエンドになって欲しいですね!!

 

「セクシー田中さん」最終回のネタバレ

三好(安田顕)の店を訪れた笙野(毎熊克哉)。

三好は、田中さんに振られたことを報告すると、笙野は逆じゃないか?と驚きます。

そして、笙野は理想的なお見合い相手と結婚するかもしれないと打ち明けました。

しかし三好は、それは相手にとっても幸せな結婚にはならない気がすると言いました。

笙野の母

笙野は母(市毛良枝)の手術が決まり、仙台の病院へお見合い相手と向かいました。

母は、お見合い相手のふみかに好感を持ちますが、「好きになれるのか」と尋ねます。

手術が終わると、引き出しに入れていた「離婚届」を笙野の父に渡しました。

離婚届を見た父は大激怒!!

しかし、母は田中さんにあってから考え方が変わったと言います。

あの青いスカーフを巻いて離婚届を取りに行く足取りは軽かったし、日々の生きる楽しみを考えられるようになった自分の人生を楽しむようになっていました。

だからもう、笙野にも結婚や孫の顔が見たいとは押し付けないから、自分が好きなようにしなさいと言いました。

笙野は東京に戻ると、お見合い相手のふみかに別れを告げました。

 

一方、田中さんは、三好に認めてもらいたくてベリーダンスを頑張ってきたのに、何故か心が晴れずに食事も喉を通りませんでした。

ダンスのレッスンに行くと、スタミナ切れで踊れません。

先生は、背筋や指の先まで、その人の人生が現れると言います。

朱里と田中さんのデート

朱里は、元気がない田中さんをデートに誘いました。

スケートをする二人は、全然滑れずに笑えてきます。

朱里は、笙野が田中さんに、

この人には敵わない、この人なら自分でなんでも解決でいると思っていると言っていたことを話しました。

そして、田中さんがどんな人生でも、一生田中さんの味方であることを約束しました。

田中さんも、朱里の味方だと約束します。

ちっぽけな自分に自信が持てなかったけれど、そんなことどうでもいい!と吹っ切れた朱里。

クリスマスパーティー

田中さんは元気になると、再びダンスの練習へ!

そしてついにクリスマスイブのパーティー当日。

笙野はお見合い相手のふみかと別れて、急いで三好の店にやってきてきました。

そして田中さんとコラボします。

小西のプロポーズ

朱里は、小西(前田公輝)にプロポーズされますが、もうちょっと待ってとお願いしました。

笙野がステージから戻ると、田中さんの姿がありませんでした。

三好は、グズグズしているから・・・田中さんはもう行ってしまったよと言い・・・。

 

田中さんは、帰国していた愛子(mie)のツテで、海外ダンス留学へと旅立ちました。

 

田中さんと朱里が選んだ道

数カ月後。

朱里の友達の花の結婚式で、ドレス選びとメイクをする朱里。

朱里は、メイクのアシスタントに転職していました。

進吾(川村壱馬)も来ていて、朱里は久しぶりに話しをすると、転職先で仲間に恵まれていると笑顔でした。

新婦の提案で、朱里たちのベリーダンスを踊ってもらうことになり、田中さんも帰国して参加するはずですが飛行機が遅れていて・・・

朱里たちはステージに立ち、踊り始めると、田中さんが走って駆けつけ、踊り始めます。

朱里の踊りは相変わらずでしたが、こうやってステージに立つ喜びを分かち合うのでした。

「セクシー田中さん」最終回の感想

セクシー田中さんの最終回は、田中さんが海外へダンス留学していました!

すごい行動力ですよね。

自信がないという田中さんですが、行動力は抜群!!

ベリーダンスを始めたのも行動力だし、ずっと努力し続けたのもそうですよね。

笙野の母

笙野の母も、田中さんによって人生が輝き始めました。

これまではずっと夫や家族のためだけに尽くしてきた人生で、自分の心はぽっかりと穴が空いていたという気持ちがすごく理解できました。

そうしているつもりはないんだけど、もう毎日に疲れて一歩が踏み出せない、そんな中、田中さんに出会って考えが変わったんですよね。

あと、Miki先生(高橋メアリージュン)が言っていた、背筋や指先に生き様が現れるという事。

めちゃくちゃ刺さったし、やばっ!背筋伸ばして指先にも気をつけようと思いました!!

朱里と小西

また、朱里は小西についにプロポーズされました。

あれほど婚活していた朱里ですが、小西はかなりチャラリーマンだけど商社マンでかなり条件はいいはずです。

だけどその「条件」には1ミリも動いていませんでしたね。

小西も、朱里には真剣だったし、朱里も小西という存在そのものに心動かされていました。

ただ、朱里は今やりたいこと=メイクの仕事を見つけたばかりで、今はちょっと待ってほしいとお願いしました。

指輪も受け取ったし、いずれは小西と結婚しそうですね♪

田中さんと笙野

さて、田中さんと笙野は、少しずつ距離を縮めていってハッピーエンド?と思ったのですが、ハッピーエンドなんだろうなという感じでした。

何より、二人がステージで見つめ合う様子が微笑ましかったですね。

田中さんは誰の心の中にもいる

田中さんというキャラクターは、誰の心にもあるような自信のなさを描いていて、

田中さんはベリーダンスという表現でしたが、

その表現方法は人それぞれで、自分のやりたいこと、楽しいと思えることを楽しんで!というメッセージがすごく伝わってきました。

主要メンバーの演技力が高かった

最初は、このドラマどうなんだろうな?と思ってみていましたが、日曜の夜にぴったりで、背中を押してくれるようなドラマでした。

笙野役の毎熊克哉さんは、本当に原作漫画に出てきそうなキャラクターだと思ったし、

小西役の前田公輝さんの演技は、チャラさから真剣になる姿には回を追うごとに釘付けになっていきました。

めるるちゃんの演技力はずっと評価されていましたが、この役はハマり役でしたね。

あとは田中さん役の木南晴夏さん、かなりダンスの練習をされたと思います!

ウエストとかめちゃくちゃ細くて、毎回びっくりしました。

田中さんにもう会えなくなるのは寂しいけれど、

ちょっと自信がなくなった時や元気がないときにもう一度見返したいドラマです♪

原作マンガはまだ完結していませんので、こちらの続きもめちゃくちゃ気になります!!

ぜひ、追って読みたい作品ですね♪

\セクシー田中さんの原作漫画はこちらから/

 

前の記事次の記事

ABOUT ME
NAK
ドラマが大好き! キャスト登場人物や、あらすじなどを詳しく書いていきます。