アンチヒーロー

アンチヒーロー【考察】青山は糸井一家殺人事件の関係者!?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「アンチヒーロー」で、明墨法律事務所でひときわ際立ったパラリーガル、青山憲治(林泰文)。

青山と明墨の関係は単なる上司と部下、あるいは同僚以上のものであることは明らかです。

彼が明墨(長谷川博己)と共に協力する理由には、ある複雑な背景が存在しそうです。

この記事では、彼らの過去と、糸井一家殺人事件にまつわる関係を考察していきます。

青山と明墨の協力関係の理由

明墨法律事務所のパラリーガルである青山は、明墨の事を一番理解し、右腕のような存在です。

青山の調査能力は非常に高く、相手の懐に入り込むのも上手い人物です。

青山の捜査能力、尾行する姿は「パラリーガル」の域を超え、到底素人とは思えませんよね。

明墨が青山をスカウトして、事務所で働いているのでしょう。

明墨に赤峰の報告をしっかりと行い、指示に従って黙っているところから、

明墨の唯一の理解者

であることは確実です。

そんな青山役を演じる林泰文さんは、大人気ドラマ「VIVANT」で、バトラカ役も務めたことが記憶に新しいです。

ベキの右腕から、今度は明墨の右腕として、天職(笑)とも言える役割をこなしています。

青山は糸井一家殺人事件に関係している

青山と明墨は、上司と部下という関係を超えて、協力し合っているように見えます。

その理由は、

青山は「糸井一家殺人事件」の関係者

ではないでしょうか。

1. 当時の警察関係者(刑事)

青山は、糸井一家殺人事件の事件を担当していた刑事だった。

事件の真相を今も追い続けている。

2. 検察時代の明墨の部下(検事事務官)

青山は、明墨の検察時代の事務官だった。

「冤罪」であることが明らかだった糸井一家殺人事件の裁判に深く関わり、その真相解明に向けて明墨と共に動いている。

3. 事件を調べていた人物(記者や探偵)

青山は、糸井一家殺人事件を独自に調査していた記者や探偵だった。

明墨と、ネタ提供などして、情報交換をしていた。

4. 事件被害者の関係者(糸井家夫婦の兄弟)

青山は、糸井一家殺人事件の被害者である糸井の兄弟だった。

糸井が殺された背景や、真相解明のために明墨と手を組んでいる。

 

以上の可能性が考えられます。

まとめ

これらの背景が明らかになることで、青山と明墨の関係がより深く理解され、糸井一家殺人事件の謎が解明されるかもしれません。

青山がなぜ明墨と協力しているのか、今後のストーリー展開は、重要な要素になるかもしれません。
ABOUT ME
NAK
ドラマが大好き! キャスト登場人物や、あらすじなどを詳しく書いていきます。